マシュマロヴィーナス プエラリア

プエラリアのことを調べました。

販売中止になったマシュマロヴィーナスよりもおすすめ!ルーナハーバルの詳細はこちら

 

 

 

私は、バストアップを目指そうとマシュマロヴィーナスを購入しようと思ったときに、いちばんはじめに気になったのがマシュマロヴィーナスに含まれている成分のことでした。

マシュマロヴィーナス プエラリア

 

やっぱり、身体に摂り入れるものですから、どんな成分が入っているのかって気になりますよね。

 

副作用とか安全性について理解しておく方がいいとも思いましたから。

 

で、マシュマロヴィーナスの含有成分で、バストアップの効果を高めるのに、いちばん影響力がある成分が、プエラリアでした。

 

 

プエラリアについては、いろいろなバストアップサプリの主成分になっていたので、名前は知ってましたし、もちろんバストが大きくなるのに欠かせない成分なんだろうなってこともなんとなくはわかっていました。

 

 

でも、詳しい内容については、今ひとつ知らなかったので、まずは、きちんとプエラリアについて理解しようと思い、自分なりにいろいろと調べてみました。

 

 

プエラリアってどんなものなの?

 

プエラリアって、正式な名称は「プエラリア・ミリフィカ」って言います。

 

 

原産国は東南アジアのタイです。タイの北エリアに自生するマメ科の植物だそうで、プエラリアは、古くから若さを維持する若返りの薬として知られていたようです。ただ、プエラリアは採取できる数が非常に少ないため希少性が高いので、タイから海外への輸出は加工品だけに限られているようです。

 

 

 

プエラリアには、女性ホルモンのエストロゲンに非常によく似た物質がたくさん含まれていて、名前を上げれば、デオキシミロエストロール、ミロエストロール 、イソミロエストロール、プエラリンとかいろいろあるんですが、それらをまとめて植物性エストロゲンと言っているようです。

 

 

バストの成長に影響を与えるのはエストロゲンという女性ホルモンで、女性ホルモンが多ければ、バストに脂肪がつきやすくなり、バストが大きくなるわけです。

 

で、プエラリアに含まれる植物性エストロゲンというのは、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするので、脳がエストロゲンだと認識し、バストの成長に影響を与えてくれるんです。

 

 

プエラリアでバストアップできる仕組み

 

ブエラリアの接種で、バストアップできるフローとしては、こんな感じですよ。

マシュマロヴィーナス プエラリア

 

 

プエラリアを摂取

植物性エストロゲンが増える
   ↓
脳が女性ホルモン、エストロゲンと認識
   ↓
乳腺を刺激
   ↓
バストの成長

 

 

 

だから、プエラリアを摂取することでバストアップってことになるんですね。

 

 

プエラリアは、バストアップに大きな効果があるわけなんですけど、バストアップ以外にも肌の潤い、ハり、髪のツヤとかにも効果があるんです。

 

もっと言えば、女性にとっては欠かせないものって感じです。
プエラリアを摂取することで、女性らしい丸みの体にしてくれたり、とにかく女性にうれしい成分って言えると思います。

 

女性ホルモンを摂取するようなものですからね。

 

 

あと、20代のうちはまだしも、女性は30代後半から40代に差し掛かる時期になると、女性ホルモンの分泌量が減ってしまいます。(T_T)

 

で、そうなると肌がかさついてきたり、髪にもツヤがなくなってきたりします。
いわゆる「更年期症状」っていうものです。

 

でも、プエラリアには、更年期に入った女性にも、女性らしさをキープできる成分が含まれているので、摂取しておくといいのかなって思いました。

 

 

プエラリアの摂取量は、1日どれくらいがいいの?

 

このように女性にとっては、わくわくしてきそうなプエラリアなんですが、過剰に摂取すると生理不順、不正出血、頭痛、吐き気などの副作用を引き起こす可能性もあるんですよ。

マシュマロヴィーナス プエラリア

 

だから、プエラリアの効果を最大限に発揮できるようにするには、1日の摂取量をきちんと守らなくちゃいけないようです。

 

バストアップの効果があるからといって、大量に摂取してしまうと逆効果になるわけです。

 

では、実際にどれくらいの量のプエラリアを摂取するのが最適なのかというと、タイでは、プエラリア配合のサプリだと1日の量は100mgまでとされているようです。ちなみに、日本では、摂取量の基準は決まってないようですが、いろいろと調べると、どんなに多くても1日の摂取量は400mgまでと考えられているようです。

 

 

正直、プエラリアを400mg摂取しても、副作用があるかどうかは、個人差があります。

 

でも、快適に摂取し、バストアップを目指すなら、本家のタイで決められているようにプエラリアの摂取量、1日100mg というのを守るのがいいと思います。

 

 

でも、こういうバストアップにいいってことがわかるとどうしても多く摂取した方が効果がすぐ出るだろうって思う人もいると思いますけど、副作用とかで体調を崩してしまう場合もあるので、マシュマロヴィーナスの摂取量をきちっと守って服用した方が、バストアップへの近道になると思います。

 

マシュマロヴィーナスの摂取量は?

マシュマロヴィーナスの摂取量の目安は、1日1包(5グラム)って公式サイトにも記載されていますからね。

 

とくにマシュマロヴィーナスの場合は、プエラリアを発酵させた発酵プエラリアといって、低分子化して、栄養価も高くなっているし、より体内への吸収力も高められるようにしているので、過剰摂取は禁物ですよ。

 

 

マシュマロヴィーナスは、1日に1包!これをしっかりと守ることが、まずは大事だと思います。

 

 

ちなみに、発酵プエラリアを使っているのは、マシュマロヴィーナスのオリジナルで他のバストアップサプリにはありません。

 

 

ただ、バストアップサプリの商品によっても1つに対し、どれくらいのプエラリアが含まれているのかって、まちまちだそうです。

 

 

マシュマロヴィーナスの場合は、摂取量の目安が、1日1包(5グラム)ということですから、毎日1包を最低4ヶ月継続して服用するのが、バストアップの効果を最大限に引き出せるものと思いますよ。

 

 

一応、私の場合は、毎日マシュマロヴィーナスを1包服用するのを忘れてしまわないように、服用する時間を決めていました。

 

 

マシュマロヴィーナスは就寝前に服用するのが、もっとも効果が高いので、毎日寝る前にと決めていたので、忘れてしまうことはありませんでしたよ。

 

 

おそらく、この方法であれば、しばらくすれば、バストにも変化が現れ、ハリが出てくるんじゃないかと思いますよ。

 

私がそうでしたからね。(^O^)

 

マシュマロヴィーナスは販売中止になりました!

ところで、驚いちゃうことなんですけど、私自身、使ってみて、効果があったのでおすすめしていた「マシュマロヴィーナス」なんですが、実は販売終了になってしまったんです。(:_;)

 

 

どうしてマシュマロヴィーナスが販売終了になってしまったのかって、私も気になって調べてみました。

 

すると、どうやらマシュマロヴィーナスそのものに何か問題があったわけではなくて、販売元の会社である「株式会社ミーロード」が消費者庁から措置命令を受けたことが影響してしまったようでした。

 

 

ミロードが販売していた「B−UP(ビーアップ)」というバストアップサプリが、公式サイトで効果の根拠がみられないのに、あたかも効果があるかのように宣伝販売していたってことで、消費者庁からオトガメみたいのがあったみたいです。

 

で、同じ株式会社ミーロードが扱っているマシュマロヴィーナスも、そのあおりを受け、販売を終了するしかなったようです。

 

マシュマロヴィーナスそのものに健康被害とかがあったわけではないのですが、販売元にちょっと問題があったようです。

 

 

けど、同じ運営会社の商品ですから、少なからず似たような販売方法だったのかもしれませんよね。

 

 

はじめはいきなり販売中止になったので、驚いちゃったけど、理由がわかり納得できました。

 

 

なので、安心して購入でき、なおかつマシュマロヴィーナスと同じか、それ以上かもしれないバストアップサプリを見つけたので、紹介しちゃいますね。

 

私が、マシュマロヴィーナスよりもいいって思ったのが、ルーナハーバルサプリメントです。

 

ルーナハーバルサプリの値段ですけど、毎月200名の方にモニター価格として、初回限定500円でお試しできちゃうんです。

 

モニターなら、2回目も、33%オフの5,960円(税別)とお得です。ただし、3ヶ月間継続することが必要になるんですけど、90日間の全額返金保証付きだから安心して試せますよ。

 

販売中止になったマシュマロヴィーナスよりもおすすめ!ルーナハーバルの詳細はこちら