マシュマロヴィーナス 生理

マシュマロヴィーナスは生理時に摂取してもいいの?

マシュマロヴィーナス生理

マシュマロヴィーナスは、継続して服用することで、効果が高まりやすいと言われています。

 

なので、マシュマロヴィーナスを生理中も服用しようという人もいると思います。そこで、マシュマロヴィーナスは生理中に服用しても大丈夫なのか、調べてみると、

 

マシュマロヴィーナスを摂取するときの注意点として、不正出血、月経不順等の症状に影響が出るおそれがあると公式サイトに書かれていますが、生理中の服用を控えるようにとは書かれていません。

 

 

マシュマロヴィーナスの使用を控えなくてはいけないのは、

1,妊娠中、授乳中、初経前の方
2,基礎疾患がある方。(例として、子宮体がん、子宮内膜増殖症、乳がん、血栓性静脈炎、肺塞栓症、冠動脈性心疾患、脳卒中などで治療中の方、過去に治療された方も該当する。)
3,医薬品を服用している方

とあります。

 

つまり、マシュマロヴィーナスは生理中に服用しても問題はないのですが、それは正しい服用法のもとでという条件つきになります。

 

 

マシュマロヴィーナスを生理時に服用するときに気をつけなくてはいけないのは、過剰に摂取しないということです。決められた量を守り、服用するのなら、生理中でも問題ありません。

 

 

 

マシュマロヴィーナスを摂取すると多くのバストアップサプリに含まれているプエラリアが増加するため、女性ホルモンの分泌量もアップし、子宮内膜がぶ厚くなり、はがれ落ちることで生理が遅れる、不正出血といった症状が出やすくなります。

 

 

けれど、マシュマロヴィーナスで生理が遅れたり不正出血になるのは、実はマシュマロヴィーナスの効果が現れてきている証拠なんです。

 

 

 

なので、過剰摂取をしなければ、マシュマロヴィーナスは生理時に服用しても大丈夫なんです。

 

ただ、生理中のマシュマロヴィーナスの摂取で体調が崩れる崩れないというのは個人によって違います。

 

 

また、生理中は、エストロゲン、プロゲステロンともに分泌量が減っている時期です。そのため月経期は、周期の中でもとくにホルモンバランスが乱れやすくなる不安定な期間です。

 

 

この時期にホルモンに作用するようなものを摂取してしまうとホルモンバランスが大きく崩れてしまう原因にもなり、副作用が起こりやすくなるので気をつけましょう。

 

 

日頃から生理痛がひどいような方で、どうしても気になるという方は、マシュマロヴィーナスの生理時の使用は控えた方がいいでしょう。

↓↓マシュマロヴィーナスの公式サイトへリンクします↓↓

 

マシュマロヴィーナスの服用で生理痛がひどくなる?

マシュマロヴィーナスで生理痛がひどくなるのは、マシュマロヴィーナスの服用時期などが間違っていることが主な理由です。

 

 

マシュマロヴィーナスを生理後の黄体期に服用すると、次の生理が遅れたり、吐き気、腹痛、下痢などと言った生理痛を引き起こすことがよくあります。マシュマロヴィーナスで生理痛が激しくなるといったケースの多くは黄体期にマシュマロヴィーナスを服用していることが要因なのです。

 

 

逆に、マシュマロヴィーナスで生理痛がひどくならないようするには、自分の生理の周期に合わせて、マシュマロヴィーナスを服用することです。

 

マシュマロヴィーナスを服用するいちばんベストなタイミングは、卵胞期です。卵胞期は、エストロゲンが放出され、卵胞ホルモンが増える時期なので、この時期にマシュマロヴィーナスを服用することがいいのです。

 

具体的には、生理が終了してからの7日〜10日前後が目安になります。

 

 

女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2つがあります。

 

それぞれのホルモンの主な働きを見てみますと、

 

 

エストロゲンは卵胞が成熟するプロセスで分泌されるホルモンで血液に混じって体中くまなく運ばれていきます。子宮内膜を厚くし、オリモノが増えます。

 

エストロゲンの分泌量が増えるこの時期が卵胞期で、肌にもツヤが出るなど体調が良い時期です。エストロゲンには女性らしさを作り出す働きがあり、皮下脂肪を増やすことで丸みのある体や肌、髪などの美しさを作り出す役割があります。

 

 

一方、プロゲステロン(黄体ホルモン)は、排卵直後から卵巣で生成される女性ホルモンです。排卵後、卵巣に残った卵胞は、黄色い小さな粒状の色素を含んだ細胞へと変化していきます。(黄体化と言うそうです)

 

そして、次の生理が始まるまで黄体ホルモンが分泌されます。女性が妊娠しやすい身体を作るホルモンで、基礎体温を上げる、子宮内膜を厚くする、乳腺の発達などを促進し、妊娠しやすい身体を作る役割があります。

 

 

 

生理中は、絶妙なバランスで周期的に2つのホルモンの分泌が増えたり減ったりしているのです。バストアッププサプリに含まれるプエラリアには植物性のエストロゲンが含まれており、、女性ホルモンのエストロゲンと非常に似た働きをします。

 

 

なので、プロゲステロンの分泌が増える黄体期に、マシュマロヴィーナスを服用することで、プエラリアに含まれるエストロゲンが増えてしまうと、ホルモンのバランスが乱れてしまうことになり、結果として、生理痛などの副作用の症状が起きてしまうことになりかねないのです。

 

 

 

そのため、エストロゲンの分泌が増えている卵胞期にマシュマロヴィーナスを服用することで、エストロゲンの働きがより活発化し、バストアップの効果を高めてくれることになるんです。

 

 

どうしても生理痛がひどい場合は、いったん、マシュマロヴィーナスの服用を中断し、卵胞期に服用するように調整しましょう。

 

 

また、卵胞期の服用でも体調が回復しない場合は、摂取量を少なくするなどして様子をみましょう。プエラリアが増加していくのに身体が慣れていないことが原因ですので、少しずつ様子を見て、調整していきましょう。

↓↓マシュマロヴィーナスの公式サイトへリンクします↓↓

 

マシュマロヴィーナスで生理が順調になった(^O^)

 

マシュマロヴィーナスで生理不順や生理痛などになる主な原因は、理解してもらえたと思います。

 

 

ところで、中にはマシュマロヴィーナスを服用しはじめたことでバストアップの効果が出る前に、なんと、生理周期が整い始めたというケースもあるんですよ。☆

 

 

23歳OLのカヨコさんの口コミです。

実は、社会人になってからの、慣れない仕事や生活リズムが変わったせいか、ずっと生理不順や生理痛に悩まされていたんです。

 

 

ずっと貧弱な胸がコンプレックスだったので、友達に勧められて、マシュマロヴィーナスを試してみることにしたんです。

 

で、マシュマロヴィーナスを使用し始めて2ヶ月くらい経った頃から生理が定期的に来るようになったんですよね。(^O^)

 

 

これは、正直、マシュマロヴィーナスの副産物的な効果かなって嬉しく思っていました。

 

まぁ、肝心のバストアップ効果は、まだまだ目立って大きくなってきたわけじゃないんですけどね(^_^;)。

 

それでも、化粧ノリが良くなり、肌が柔らかくなるなど、いろいろとマシュマロヴィーナスの効果かなって思えて、喜んでいました。

 

マシュマロヴィーナスは生理にどんな影響があるのか気になり、そもそもマシュマロヴィーナスに生理に良い効果があるのかな調べてみたんです。

 

 

そうしたら、マシュマロヴィーナスに含まれる成分の影響が、生理にいいのかなって思えたんです。

 

マシュマロヴィーナスに含まれているプエラリアとアグアヘには女性ホルモンのエストロゲンに似た働きがあるし、ワイルドヤムとチェストツリーにはもう一つの女性ホルモンであるプロゲステロンに似た働きがあったんです。

 

 

エストロゲンは乳腺や脂肪を増やし、プロゲステロンは乳腺を育てる効果があるので、マシュマロヴィーナスにバストアップ効果があるのです。

 

 

で、このエストロゲンには肌をきれいにする働きもあり、ホルモンバランスが崩れているような場合は、女性ホルモンに似た成分を摂取することでホルモンバランスが整うようになるのだそうです。

 

 

これってまさに自分のことだって思いました。

 

 

バストアップは女性ホルモンの量を増やすよりもホルモンバランスが整っていることの方が大切だということで、マシュマロヴィーナスはホルモンバランスが崩れて生理周期が乱れている人におすすめできると思います。

 

ただ、気を付けたいのは摂取量です。

 

 

1日の摂取目安量よりも多く摂取すると、逆にホルモンバランスに悪影響を与えることにもなり、生理周期が乱れてしまうことになりかねないようです。

 

私は1日最低限にして、必要以上には摂取しないようにしています。

 

 

このように生理不順に悩んでいる方が、マシュマロヴィーナスを服用したことで、ホルモンのバランスが整い、生理不順が改善されたということもあるようです。

 

↓↓マシュマロヴィーナスの公式サイトへリンクします↓↓